お悩みの会計担当者様へ

h2_02このホームページを訪れて頂いている方の3分の1以上の方は、NPO法人関連のキーワードで検索されております。

いかに多くの方がNPO法人の会計でお悩みか伺えます。

自分のNPOはお金が無いから、税理士には依頼できないと諦めてはいないでしょうか。
・なんとか現金出納帳は記入しているし、資料の整理もできる。

 rireki1年に1度の決算書や申告書だけ作成してくれればいい。

 rireki原則、会計事務所まで資料を持って行ける。

rireki決算期が夏場で会計事務所の繁忙期を避けられる(あるいは決算期を変更しても良い)。

・・・などなど、料金については、他の会計事務所でもある程度は融通が効くのではないかと考えます。

ic03 元帳の作成や決算書の作成

ic03 収益事業のある法人の場合には確定申告書

など、お客様の状況に応じたお手伝いができるのではないかと思います。

【当会計事務所の料金の目安】 

収益事業のないNPO法人

月 額:15,000円~ +消費税 × 12ヶ月

決算料:30,000円~ +消費税  (主務官庁提出用の決算書を作成します)

年間合計210,000円~+消費税

ご希望により、3ヶ月ごと~6ヶ月ごとに試算表を作成し、経営状況を説明します。

1年間まとめて依頼されても同じ料金とさせて頂きます。

収益事業のあるNPO法人

月 額:25,000円~ +消費税 × 12ヶ月

決算料:150,000円~ +消費税  (主務官庁提出用の決算書 + 法人税申告書を作成します )

年間合計450,000円~+消費税     (消費税申告書は別途)

2ヶ月ごと~6ヶ月ごとに試算表を作成し、経営状況を説明します。

当会計事務所では、収益事業がある場合、一般会計と特別会計を別々の法人として考えて経理しています。

その結果、2社分の会計処理を行う必要があるため、収益事業のないNPO法人よりも料金が高くなります。

また、決算においては、両部門を合わせた決算書を作成することに加え、収益事業部分の確定申告書を作成する必要がありますので、一般の法人よりも高い料金になります。

年末調整、法定調書、償却資産の各種申告は別途となります。