経営方針です

pic_personal_02

 

 

 

 

 

【当事務所のめざすところ】

「ツトム会計に依頼して良かった」と言ってもらえる会計事務所でありたい

【お客様の1番の要望が、当事務所の1番の売りです】

「税理士自身から話が聞きたい」
「税理士自身からアドバイスをもらいたい」
・・・ との、お客様の要望に応えること

※ 決算時には「決算すっきりシート」(日本決算書すっきりアドバイザー協会)を活用し、5期の数値の動き、キャッシュフロー計算書、3つの指標を紙1枚にまとめたシートで解説をしております。・・・「儲かったはずなのにお金が無いのはなんで?」という疑問にお答えし、喜ばれています。

 

【要望に応えるために努力していること】

1. 対象地域を十日町市、津南町及びその周辺としています。

お客様から「来てくれ」と言われたとき、訪問できる地域に限定しています。
すぐに対応できない場合には、できる限り近日中に予定を入れるようにしています。

2. 話ができる態勢を作ること

私がお客様のお話を聞く態勢でいるためには・・・

・私自身が普段からお客様と話をして、お客様のいろいろな事情を理解 していることが重要であると考えます。

会計の記帳事務は担当の事務員が行い、私は相続や相談の業務を担当しています。

決算の時には担当者となるべく同行させて頂き、各種提案をさせて頂くようにしています。

・お客様を増やすことと、会計事務所が経済的に安定することの両立

会計事務所の経済的な安定のためには、ある程度のお客様を確保する必要がありますが、 通常、お客様が増加すれば、それにつれて事務量、特に記帳事務が増加することになります。
事務量の増加は事務員の人件費(コスト)の増加につながるため、どの会計事務所でも 頭の痛い問題です。

そのための施策として、当事務所ではお互いにメリットを享受できる「パソコン会計による自計化」をお客様に提案させて頂いております。

 とは言っても、「自分は事業に専念したい」から面倒なことは会計事務所に任せたいというご要望も多くあります。

また、奥様などの身内で経理ができない方も多く、その場合、経理担当者を雇わなければならず、 1人分の人件費を払うよりも、会計事務所に一切任せた方が、間違いも少なく、経費も節約 できますので、便利なのも事実です。

そのような場合には、無理に自計化をお勧めせず、なるべくお客様に負担が掛らないよう、 当会計事務所で記帳を請け負うようにして います。

事務員も多くなりましたので、記帳事務も十分受けることができるようになりました。ご安心ください。

(「自計化」のお客様のメリット)
〇 自計化のスキルを獲得できます。
〇 リアルタイムで経営数値を把握できるようになります。
・・・試算表が自社で出力できます。
〇 記帳事務を自社で行うことにより、税理士報酬のコストを軽減できます。
〇 会社の都合により、会計事務所のチェック(数値の説明)を1ヶ月~6ヶ月の
範囲で選択でき、税理士報酬を軽減できます。

(「自計化」の会計事務所のメリット)
〇 記帳事務に係る事務量を大幅に削減でき、他のお客様を受け入れることができる。
・・・料金を軽減しても、他のお客様が増えることにより経営が安定する。

また、繁忙期以外への決算期の変更をお願いして、繁忙期の分散を図っています。
私も会計事務所を経営する以上、お客様の増加を願っています。

スタッフからの提案もあり、現在私自信は担当を持っていない態勢と致しました。

私自身は、申告書の最終チェック、相続事案などに対応するほか、お客様との相談と提案を仕事としています。

開業以来、理想としていた①担当者、②別のスタッフ、③所長(私)の3重チェック体制を取ることができました。

人数も増え、経営者としての仕事も増えましたので、現在では一番良い体制であると考えます。

これからも私自信がお客様と接する態勢を維持したいと思っています。

どれほど有効なアドバイスができたのか分かりませんが、 お客様がいろいろな話をすることにより、「なんだかほっとした」と言って帰られることが多いです。

そんな時は、私も嬉しく、お客様の話を聴くだけでも、役に立っているのだと実感し、この仕事をしていて良かったと思える瞬間です。