エーサースを導入中です

熊本地震の被害にあった方々に、心よりお見舞いを申し上げます。
中越地震のときも車でしばらく避難生活をしていましたが、小さな子供がいる家は大変でしょうし、高齢な両親が一緒の家も尚更に大変だと思います。

今日は連休ですが、会議がこの後にありますので、今日も出勤です。

先月に新しい会計システムとして「A-SaaS(エーサース)」(アカウンティング・サース・ジャパン株式会社)という「完全クラウド会計ソフト」を導入してみました。
とりあえず3本IDを取得しましたが、本格的に使えるようであれば、全員のIDを取得したいと思っています。
JDLで作成したデータも取込みが可能で、科目コードもそのまま使えるのが良いです。また画面もJDLに似ていますので使いやすいです。
通常お客様には専用のソフトが提供されますが、このソフトは「クラウド」ですので、全く同じソフトを利用しますので、操作方法が異なることがありません。(当然機能の制限を掛けられます)
このソフト導入の決め手は、導入コストが低く抑えられていることが大きいですが、「会計ソフト」ばかりか「給与ソフト」も無料でお客様に提供できることです。
「給与ソフト」が無料であれば、年末調整の事務が効率化できるのではないかと考えています。
私の事務所のデータを今年分から遡って入力しています。この連休はこの入力で終わりそうです。
やはりクラウドであるため、データのやり取りが必要なため、動きがワンテンポ遅れることがあります。
またエンターキーを押さずに違う画面に移動すると、入力中のデータは注意もなく失われるなど、やはりソフト特有の「クセ」はあります。
現在、決算が終了したものから5件ほど移行作業していますが、JDLのデータを移行できました。5月末には3月決算が終了しますので、多くのデータを移行してみるつもりです。
そして、このソフトは税務申告の機能がありますので、申告書の作成もできますので、使ってみたいと思います。

開業から8年目になりますが、ミロク、JDL、エーサースと基幹ソフトが変更していますので、スタッフや自計化済のお客様には負担が掛りますが、クラウド会計が今後の主流になると思いますので、なるべく早く導入したかったのです。
また、多くのシェアを獲得している「freee(フリー)」のデータを取り込めますので、起業したばかりの若い経営者のお客様の獲得にも意欲的に取り組みたいと思います。
既に「freeeアドバイザー」になっています。まだ1人のお客様もいませんが、勇気あるfreee第1号のお客様をお待ちしております。