集落の祭りで駄菓子屋をしました

私の住んでいる集落では、祭りを毎年、お盆の14日に行います。

前は秋にしていたのだそうですが、集落の人数も減り、盛り上がらないので、帰省した人達が集まる、この日にしたのだそうです。

この日ばかりは集落に子供がたくさん集まるので、若い衆を中心に無料の出店を出して楽しみます。

今年は子供達に楽しんでもらえるよう、私の提案で駄菓子屋をしてみました。

ネットで注文し、売れた分を支払う「委託販売方式」にしてもらいました。

どれくらい売れるか分かりませんので、助かるシステムでした。

商品構成を提案して頂き、これも安心でした。

ちなみに「太郎と花子」というショップを利用させて頂きました。

ただ、売れ残った商品を数えて梱包し、宅配便で返却するわけですが、半日掛りました。

なにはともあれ、子供達が目を輝かせている様子を見ていると、自分の子供の頃を思い出し、やって良かったと思いました。