会社設立支援

 

定款作成の事務は行政書士の仕事でありますが、“設立時に資本金1千万円以上の法人は設立1期から消費税を納付しなければならない”、“取締役のうち、代表取締役、常務取締役、専務取締役、監査役等は使用人兼務役員になれない”など、税務上の取り扱いも考慮しながら設立準備をすべきと考えます。