定款作成の事務は行政書士の仕事でありますが、“設立時に資本金1千万円以上の法人は設立1期から消費税を納付しなければならない”、“取締役のうち、代表取締役、常務取締役、専務取締役、監査役等は使用人兼務役員になれない”など、税務上の取り扱いも考慮しながら設立準備をすべきと考えます。

会社の設立の目的はそれぞれ

得意先から「法人でないと今後は取引できない」と言われた・・・。 法人の方が得意先から信頼され、銀行から借入がしやすいと聞いた・・・。 業績が順調で、所得税が...

詳しくはこちら

会社設立のお手伝い

定款作成の事務は行政書士の仕事でありますが、“設立時に資本金1千万円以上の法人は設立1期から消費税を納付しなければならない”、“取締役のうち、代表取締役、常務取締役、専務取締役...

詳しくはこちら

株式会社設立までの手順

株式会社の設立には「募集設立」と「発起設立」の2つの方法がありますが、中小企業の多くは手続きが簡単な発起設立により設立されていますので、発起設立を例に設立までの手順を説明します。 ...

詳しくはこちら

法人化のメリットとデメリット

法人化にはメリットもデメリットもありますので、よくよく検討して判断して頂きたいと思います。一般的に言われているメリットとデメリットを例示してみます。 ≪法人化のメ...

詳しくはこちら

設立後の各種届出

税務署、社会保険事務所、労働基準監督署などに設立の届出をします。 税務署、県、市への税務上必要な各種届出は当事務所で行います。(パック料金に含まれています) 社会保...

詳しくはこちら

電子定款に対応しています

電子定款のメリットは印紙税4万円が不要(電子は紙ではないことから印紙税が課税されないため)になることから、設立費用を節約できることです。 電子定款を行うためには、電子証明書が必要...

詳しくはこちら