やる気のある経営者の良きパートナーを目指して

 東京国税局と関東信越国税局管内の税務署で、相続税、贈与税、譲渡所得、源泉所得税、法人税の調査・指導などに携わってきました。法人税の担当は20年を超え、経営者の様々な悩みを目にしてきました。平成18年に税務署を退職、他会計事務所で修業の後、平成20年に独立開業し、現在に至っております。
“代行proシリーズ” の提供にあたって
これからはAI技術、ICT技術により、会計の世界も “クラウド化” していくと予想されます。事務所の会計システムもクラウドに移行しました。まずは事務所自体を効率化し、そのノウハウをお客様に提供していきたいと考えました。徹底したICT技術の導入過程で “記帳代行pro” サービスが生まれました。
少子高齢化時代に入り、経理担当者の雇用(採用)自体が困難な時代になってきました。
経理担当者を置くことが難しい小規模事業者を対象に、“経営者を経理事務から解放する” ことを目指す “proシリーズ” を提供させていただきます。
アルバイト1人分を想定した料金設定で、 経理のプロが “御社の経理部” として多様なニーズにお応えします。
まずは、毎月の給与業務から “経理のアウトソーシング” してみませんか。
 地元の十日町高校を卒業後、早稲田大学商学部に入学しました。在学中はアメリカンフットボールにいそしみながら公認会計士を目指し、卒業後資格を取得しました。4年間ほど地元の金融機関に勤務した後、資格を活かすため、平成27年にツトム会計に就職しました。
税務の仕事は公認会計士の仕事とは異なり、複雑で奥の深い業務で毎日勉強の連続です。地元の経営者の方々とお話させていただく機会が多く、銀行時代とは違った経験をさせていただいております。個人的に簿記の講師や、県内企業の会計監査の業務もしています。 所長はじめスタッフ一同、お客様の経理業務の省力化と事業発展のお役に立てるよう、常に最新の情報や知識の集積に努めております。
ICT技術に強い会計事務所として、そして何よりも“お客様に満足して頂ける会計事務所” を目指し、努力していきたいと思います。