沿革

ツトム会計のこれまでの歩みや取り組みをご紹介します

平成20年10月十日町市上野で個人事務所を開業
平成26年12月桑原公認会計士事務所の先生が亡くなられ、事務所を引継ぎ、十日町市西寺町に移転
平成27年12月十日町市寅乙(西本町3丁目)に事務所を建て移転。お客様専用駐車スペース3台を確保。
広い事務スペースで職員の仕事環境を整備
平成28年4月クラウド会計システムの「A-SaaS(エーサース)」を導入。
お客様と同じ画面を見ながら、同じ操作で記帳指導が可能となる
平成30年1月「A-SaaS(エーサース)」システムの利便性と他のITを複合した「記帳代行pro」、「給与代行pro」、「経理代行pro」のproシリーズを商品化

売上5千万円以下の新規企業者、営業に専念したい企業に顧問サービスを別建てにした安価な「仮想経理室」を提供開始

平成30年8月旧システムから「A-SaaS(エーサース)」への移行がほぼ完了
平成30年12月業務用電話の入替に伴い、ネットの通信速度200MBから1GBへと5倍の通信速度に更新。
画面の切替速度も向上し職員の評価も上々
令和元年7月1日税理士法人化 「税理士法人 ツトム会計」としてスタート