一つの銀行への入金は効果的です

数カ月前に全てのお客様から、振込先をネットバンキングの契約している北越銀行に変更してもらいました。

その結果、効果は上々だと感じています。

 

お客様からメールなどで、「振込したから確認しておいて」と言われても、パソコンで確認できますから、すぐにメールで御礼を伝えることが可能になりました。

ネットバンキングのデータはリアルタイムで取込みができますから、すべての銀行とネットバンキング契約をしたら通帳記入をしなくても日々経理ができることになります。

ただ、実際には、ほとんど取引のない銀行の場合にはかなりコストが掛りますので、現実的ではないと思います。

これから法人を設立したり、新規に開業するお客様に対しては、振込の銀行を1行にして、ネッバンキング契約することをお勧めしています。

支払いもなるべくカードにすれば、かなり記帳が楽になります。

 

私は、翌月1日以降に各金融機関を回って、通帳記入するのが面倒になってきました。銀行に口座がある限りこの手間は減りません。

あるネット記事では、「政府は日常の買い物での現金の使用割合を低下させ、キャッシュレス社会にしていく」との考えがあるとのことです。期待しています。

通帳への記入が不要で、全ての銀行のデータが会計ソフトに取り込めればすごく便利になります。

銀行の無店舗化が進み、ネット取引が当たり前の世の中になれば、可能かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です